大事なデータを失わない方法とは|raidで復旧を可能にしておく

男の人
  1. ホーム
  2. 安心して利用できる基準

安心して利用できる基準

PCを操作する人

選択時のポイント

自社にサーバーを設置するケースは減少しています。コスト面だけでなく様々な面でアウトソーシングするメリットが多くなっているためです。しかし数多く存在するデータセンターのどの会社を利用するのかがポイントになります。データセンターの稼働が停止してしまう事はビジネスの機能をマヒさせてしまうことにつながります。そのためリスクを考慮しているデータセンターを選ぶことが大事なポイントになります。まず災害対策です。地震などの災害はいつ起こるかわかりません。被害が最小限にとどまるように設計されているデータセンターを利用することがリスク回避になります。複数のデータセンターで常時バックアップを取ることや耐震構造であることなどです。

災害などのリスクは重要

そして電力供給によるリスクもあります。電力供給がストップしてもUPSなどの自家発電装置を確保することができるセンターや予備電源を確保しているなど一定期間の停電にも対応することができるのが望ましいのです。もちろん長期間の対応には適用できませんが、一定期間の緊急対策は最低限必要になります。防火などの対策も必要になります。火災予兆を感知するハイスペックなシステムを装備しているほか、消化機器がどのような設備になっているのかも重要なポイントになります。データ消失を防ぐ対策になりますので、極めて重要ななのです。セキュリティ対策も重要です。警備員の常駐やセキュリティチェックによる入室権限なども大事なポイントになります。